骨の役割 | Shien'ya 株式会社

骨の役割

皆さま

おはようございます。

雨で今日は、お休みになったこともあり

いつもと違った Shien'ya ルーチンワーク。

 

雨うるおい 新たに♡

活き活き!

うるおす。

Shien'員美肌の味方です!

 

ある場所にないと

寂しさを感じるようになってきました。

いつもと違ったお陰で、その役割に気付いた今朝。

ありがとうございます。

 

骨の役割

 私たち人間の体は、およそ200本の骨で支えられています。

 人体における骨の役割は、体を支え、動かすこと、内蔵などの体の器官を保護することだといわれています。しかし、最新の研究によると、別の重要な役割をゆうしていることがわかってきました。骨が全身の若さを司っているというのです。

 運動などで骨に適度な刺激が加わることにより、骨から出る「オステオカルシン」という物質が、血液を介して全身に届けられ、記憶力や筋肉などに良い影響を与えるといいます。

 こうした例のように、様々な分野で、これまで知られていなかった事実が明らかになっています。今までの常識を覆す新発見や、かつては良しとされていたことが、実は誤りだったとわかる場合もあります。

 特に、自分たちの業種に関する変化に対しては、常にアンテナを張って、生きた情報を入手する姿勢が求められるでしょう。新たな変化に出会った際は、これまでの考え方や知識を一度捨てて、受け止めてみる柔軟さも大切です。

(教養より)

 

今日の心がけ

新たな流れに対応しましょう

 

今日一日♡

 

吹田千里山  Shien'yaぶらんど