記念日 | Shien'ya 株式会社

記念日

皆さま

『おはようございます!』

六月十日の記念日を迎えられ、おめでとうございます♡

 ひとりひとりに、いろいろな記念日があると思いますが、1935年に誕生したある共同体がなければ、今の私たちは想像できません。

その共同体は、今も、365日24時間、世界中で愛と共感と安らぎが、広がり続け、感慨深くとても素敵に思います。日々の学びは果てしなく奥深いものです。

ありがとうございます♡

 

 今日は、芝生の雑草抜きの依頼キャンセルから、同時刻にまた、芝生の雑草抜きの依頼を、新たにいただき喜んでいます。

少しの雨が、土をやらかくして抜きやすくなりますが、雨はよけれんです。

 

Shien'ya は 喜働でサービスを通じて

お客様のお役にたてる喜びが、さらなるエネルギーとなり、進化します。

ありがとうございます♡

 

今日の第一噴水。

おめでとうございます♡

 

時の記念日

 大正九年、東京天文台(現在の国立天文台)と財団法人・生活改善同盟会により、時間を大切にする意識を広めるために、六月十日は「時の記念日」として制定されました。

 その由来は、今から千年以上前にさかのぼります。『日本書紀』の中に、近江神宮の祭神である天智天皇が「漏刻を設置して鐘鼓を鳴らして時を告げた」という記述があります。これは日本における最古の時報の記録だといわれています。

(中略)

 日本人の国民性として、「時間を厳しく守ること」がよく挙げられます。例えば、鉄道などの定時運行は世界一正確だといわれますが、そうなった原点の一つに、遡ること千数百年前の時刻制度があったといえるでしょう。

 時の記念日に、悠久の歴史に思いを馳せてみましょう。

(職場の教養より)

 

今日の心がけ

時間を守りましょう

 

『ハイ!』

 

今日一日♡

 

吹田千里山 Shien'yaぶらんど